*

音楽をリリースしてみた / LANDRで300円

公開日: : 音楽・仕事・作曲

ピアノ曲アルバム「IYASHI」をリリースしました!

 

このようにiTunesで販売するには?

僕の初めてのリリースの過程を

詳しく公開します

 

アグリゲータって?

 

iTunesで販売するには“仲介人”が必要

個人で直接Appleと契約するのは

実質不可能と考えてOK

 

そこで仲介してくれる業者さんを

使う必要が出てきます

これを「アグリゲータ」といいます

 

日本で一番メジャーなアグリゲータは

TUNECOREさんですね

 

しかしアルバム一枚一年維持するのに

約5000円かかります

売れるか分からないのにリスクが大きい

 

無料だけど売り上げから40%引かれる

Frekulさんもいいです

 

けれどただでさえ少ないであろう

売り上げから40%引きは…

 

そんな中見つけたのがLANDRさん

月額300のリリースサポートプラン

これを使ってみました

 

LANDRでのリリース

 

まずLANDRリリースの月額契約

LANDRはマスタリングのサービスなので

マスタリングのプランと間違えないこと

 

リリースできるサービス

  • iTunes
  • Apple Music
  • Spotify
  • Deezer
  • Tidal

以上の実質4サービス

TUNECOREさんと比べかなり少ない

AmazonやLINE Musicがない

 

しかしiTunesSpotify

この2つがあればぶっちゃけ十分◎

 

日本語があやしい

まずLANDRのサイト

もうすでに日本語が危うい

 

問題なくリリースされた場合

これで特に困ることはないですが

僕はひとつの問題に当たりました…

 

通常1~3日でリリースされるはずが

9日経ってもリリースされないので

サポートに問い合わせてみました

 

するとオリビアから以下のメールが…

 

ディレイすみません

オリビアかわいい

ここまではよかった

 

次にアリソンから

問題発生とのメールが

これは英語のメールでした

 

 

要約すると

「言語オプションを空欄にしろ」

ということです

 

しかし微妙に意図がわからなかったのと

今後英語でやり取りさせられる不安から

僕は以下の返信をしました

 

 

いや~意味はわかってたんだけどなぁ

日本語のサイト日本語で契約

日本語で問い合わせたのに

 

なんの断りもなしに英文で返信

今後のパートナーとして

考えちゃうかなって

 

色々あって日本語のやりとりのみ

問題解決しましたので

英語できなくて大丈夫だよ!

 

問題の詳細

 

ここは興味ある方だけ読んで下さい

 

僕のアルバムは曲のタイトルに

英語と日本語がありました

これだけなら問題なかった

 

「言語の選択」で

当然日本語を選んだんですが

ここが問題だった

 

要するにタイトルに英語があるのに

日本語を選択してはいけなくて

ここは空欄でよかったんですね

 

参考までに

 

無事リリースできた

 

なんだかんだでLANDRのスタッフは

とても親切に対応して下さりました

 

リリース後はプロモリンクが生成され

このリンクひとつで

すべてのサービスへのリンクになります

 

Twitterなどの文字数制限の中

宣伝するには大変便利

以下のようなかんじ

 

 

おわりに

 

300円の初期投資で

売り上げ100%得られる

これはいいですね

 

あとリリースされたときのメール

ジャンジャーン!すき

 

ピアノアルバム「IYASHI

ネット配信や店舗BGM

作品のBGMとして使用OK

僕のリリース、買って下さい!

ネットで活動中の作編曲家。

ヨーロッパの著名な舞台でのクラシック演奏経験を活かし、他とは違う個性の提供が好評を博している。

詳しく→

関連記事

《売れるのか!?》オーディオストック始めてみました! / 1日目

  皆さんはオーディオストックをご存知だろうか?   画像や写

記事を読む

Q.どうやったら声優や作曲家になれる?スキルや資格は? A.今すぐできます。スキルも資格も要りません。

作曲家や声優さんて、一握りの才能あるヒトがなるもの。 そう思っていませんか?僕も思っていました

記事を読む

ピアノ曲オーダメイド作曲¥3000 / 臨時受付

こんにちは!AtelierX代表のxxxxxxxxx(悪魔)です ピアノ曲サンプル

記事を読む

ネットで作曲のお仕事を受けた際のトラブル:やべーヤツと遭遇した。

これは本当にあった話です。 あれは蒸し暑い夏の夜…   じゃなくてクラウ

記事を読む


  • ピアノがウリの作曲家

    ヨーロッパの著名な舞台でのクラシック演奏経験を活かし、他とは違う個性の提供が好評を博している。

    詳しく→

PAGE TOP ↑