*

紅茶のすすめ / おすすめと基礎知識

公開日: : 紅茶・烏龍茶・その他お茶

こんにちは!あくまです。

 

紅茶ってすききらいが結構わかれますよね

でも、実は嫌いな方も、素敵な紅茶を知らないだけかも?

 

この記事でおすすめも紹介しますので

紅茶を愛するもの、紅茶を憎むもの

紅茶にかかわるすべてのものに読んでいって欲しいです◎

意外と知らない基礎知識

ほんとうーーーに初歩的な話です

僕も実は由来とか入れ方とか、あまり詳しくは知りません。笑

 

メーカーと原産国

これはイギリスの紅茶だーとか

いやいやインド産だよ!とか

色々ややこしいですよね

 

簡単に言うと

メーカーはヨーロッパ

原産国はインドやスリランカです

 

だから例えば

イギリスのメーカーで原産国インド

という紅茶があるわけですね

 

ダージリンとは?

インドにダージリンという地方があり

そこの農園の茶葉のことです

 

そして多くは

フレーバーをつけられていないもののことです

 

故に茶葉本来の味勝負なので

香りは地味ですが、味がよいものが多いです◎

 

ファーストフラッシュ

紅茶を飲まれる方はよく目にする言葉ではないでしょうか?

これは「その年の農園の最初の収穫」という意味です

春頃に一斉に発売されることが多いです

 

これは本当に新鮮で爽やかな味わいが楽しめます

コストパフォーマンス的にも僕が一推しするのは

マーガレッツ・ホープという農園の茶葉です

 

 

セカンドフラッシュ

文字通り「二度目の収穫」のものです

ファーストフラッシュに比べ熟成感があり

やや重めの味わいです

 

夏~秋頃の販売となることが多く

時期を過ぎたファーストフラッシュよりは

こちらの方が美味しいことも多いですよ!

 

アールグレイとは?

ひとことで言うとフレーバード・ティです

茶葉にベルガモットの香りをつけたもののことで

味というよりは香りを楽しむものです

 

香りをメインに楽しむのであれば

フランスのメーカーのものがおすすめです

僕のおすすめはマリアージュ・フレールやjanat(ジャンナッツ)です

 

※以下はアールグレイではありません

 

マリアージュフレールだとマルコ・ポーロ

janatだとムーン・バレーがおすすめです

ムーン・バレーさいきん置いてないけど…

 

香り重視ならルピシアのエメラルド・アールグレイ

ものすごくエクストリームな香りを楽しめます

優雅な気分になれますよ◎

 

 

まあその…

 

実はコレ…

 

烏龍茶なんですけどね…!

 

結局何から飲めばいいの?

やっぱり紅茶本来の味を楽しむところからだと思います

よってダージリンのいいものを飲んでみるのがおすすめです

 

地方民は黙ってルピシア

そんなこと言っても地元にショップがない…

僕もそうです…つらい…

 

そんなみなさんの心強い味方!そう!通販です!

Amazonにも先ほどご紹介したものなどがあるんですが

在庫状況がわるく、評価なんかもわかりづらい

 

そこでおすすめしたいのがルピシアの通販!

品揃えが豊富で、紅茶の通販をするならここしかないくらい

 

農園で選ぶ

お財布との相談にもなりますが

僕がコストパフォーマンスが高い!

と思っている農園を以下にご紹介します

 

  • マーガレッツ・ホープ
  • キャッスルトン
  • ジュンパナ
  • シンブーリ

 

がおすすめです

どこがどうとかわからないんですが

すべて僕が飲んでみてよかったところです◎

 

意外とバカにできないリプトン

リプトンのティーバッグってぶっちゃけ

味がしないと思うことも多いのですが

アルミのパック技術がけっこうすごいです

 

アルミだと何がすごいかと言うと

風味が逃げないんですよ

だからアールグレイなんかと相性がいいんです

 

他にもスーパーで売ってるもので

TWININGS(トワイニングス)の

レディ・グレイなんかも美味しいと思います

 

TWININGSも安価ですが

フランスの五つ星ホテルの室内に置いてありました

それくらいの老舗なんですよね

 

さいごに

ともかくあれこれ話を聴くよりも

気になったものを飲んでみるのが一番です

 

他人がどういう評価をしていようが

自分が美味しいと思うことだけが大事だと

 

そう、あくまはかんがえた。

 

ネットで活動中の作編曲家。

ヨーロッパの著名な舞台でのクラシック演奏経験を活かし、他とは違う個性の提供が好評を博している。

詳しく→

関連記事

記事はありませんでした


  • ネットで活動中の作編曲家。

    ヨーロッパの著名な舞台でのクラシック演奏経験を活かし、他とは違う個性の提供が好評を博している。

    詳しく→

PAGE TOP ↑